ふるさと・山口で就職を目指す君へ!新しいカタチの就職応援サイト

ネクスタ

高校生向け就活ガイド

就職活動に取り組む前に

就職活動の目的って何だろう?

 あなたは、今、就職活動に対してどんな気持ちですか?「就職活動って面倒くさいな」「出来るだけ早く内定がもらいたい」「勉強や部活と両立して就職活動するのは大変だな」…どちらかというと、後ろ向きな気持ちの方が強かったのかもしれません。 でも、そんな気持ちで活動を始めても、得られるものは少ないし、うまくいかないと、どんどん自分自身もつらくなってしまいます。 そもそも、就職活動は何のために行うのでしょうか?
高校3年生になり、何となく就職を考える時期が来て、迫られるように就職活動を始めたのなら、まず、目的を明確にすることをおすすめします。

就職活動後の人生を考えてみよう!

 就職活動は、就職することが目的ではありません。高校生だけでなく大学生でも、就職することを目的にしている人はたくさんいます。
何のために志望動機を考えたり、履歴書を作ったり面接を受けるの?内定をもらえるんだったら、どこでもいいの?就職した後の人生については、いつ考えるの?就職することだけを目的にして活動を行っても、何も見出すことはできません。もし仮に、就職できたとしても、就職した後のことを考えていないと、意欲的に仕事に取り組むことは難しいのです。

将来進みたい道へ進むためには?

 厚生労働省の調査では、高校を卒業して就職をした人の4割が3年以内に辞めてしまっているそうです。中でも、1年目に離職する人は約2割もいます。理由の多くは、「仕事が自分に合わない」「職場の人間関係がよくない」などミスマッチによる原因が挙げられます。
就職活動は働く会社を決めるために行うものではありません。これから始まる長い職業人生を、どこでどのような仕事をしながら進んでいきたいかを考える場でもあります。そして、それは大学生でも高校生でも変わりはありません。本気で自分と向き合って、将来進みたい道を自分で作っていくそのスタートの活動でもあるのです。